新着情報

2016/08/08
平成29年度[2017年度]私大医学部入学試験日程[3]
平成29年度[2017年度]私大医学部入学試験日程[3]
平成29年度[2017年度]私大医学部入学試験日程[3]をUPしました。
2016/08/08
平成29年度[2017年度]私大医学部入学試験「主要な変更点」
平成29年度[2017年度]私大医学部入学試験「主要な変更点」
平成29年[2017年]度私立大学医学部の「試験日程表」と「変更点」をUPしました。
2016/08/05
平成28年度 第2学期英語個別指導 1名募集のお知らせ[その他の科目相談]
平成28年度 第2学期英語個別指導 1名募集のお知らせ[その他の科目相談]
9月第1週から始まる第2学期個別指導生1名を募集します。

特に多浪生、医学部受験生(再受験生を含む)を優先いたします。人生は一方通行、後戻りはできません。YESは岐路に立つ受験生を最大限応援していきたいと考えています。

今までの予備校のシステムに合わず、成績が伸び悩んでいる、また2学期以降継続するか迷っている方、もう一度受験にチャレンジいたい方は、まずご相談ください。「プロの倫理」に則り、適切なアドバイスをいたします。


YESは、常に中立と公正を心がけています。客観的に、生徒本人に最もよいと思われるご提案をいたします。YESのみを特に売り込むような営業行為は一切ひかえています。生徒の利益をあくまで優先することを旨とする塾です。


YESの指導は、「生徒を成長させること、主体的な学習ができるようになること」を主としています。デジタル的、画一的、量だけを追いかける指導はいたしません。苦手なところ、解らないところ、気になっているところから指導は始まります。どの生徒も自分の弱点が解消されるにつれて、次第に自分の力で次の学習テーマを見つけていくようになります。学習の質が高まれば、必然的に合格への勉強の道筋が見えてくるものなのです。多浪の原因は、ご本人の生活態度の問題もありますが、塾の「画一的で、時間だけたくさんやれば良い」という方針の結果であることが多いのも事実です。

2学期生にも、同様の方針で指導は進めてまいりますが、時間的に切迫していることも事実です。おおまかなカリキュラムとして、9月は「戦力地図」を作ることをメインにして進めます。10月から11月は綿密かつ柔軟な学習予定を組み、重点的に不得手なパートを基礎から叩き直していきます。12月は、復習と過去問題研究を含めた演習で進めます。志望校の決定―つまり、どの大学をメインにするか―は、10月下旬の「3者面談」で決定いたします。

先ほども書きましたように、YESは「プロの倫理に則って」アドバイスをいたします。現在の学力を客観的に見て、来年の合格は難しい場合、その旨をはっきりお伝えします。その上で、現実的に受験を考えていただいています。



○入塾までの手順

HPのフォームからご面談のお申し込みをしてください。お書きになる内容は、お名前と希望日程のみで結構です。可能なご面談日程を折り返しお知らせいたします。ご面談では、現在までの経緯と現状をまずお聞きいたします。その際、今までの模試結果があるとさらに便利です。ご希望があれば、「基礎学力判定テスト」をいたします。客観的なアドバイスとYESの指導内容、ご受講方法についてご説明いたします。


○受講科目

英語が中心になります。他教科のご受講に関してはご相談となります。大手予備校講師をご紹介することもできます。その際、費用は「口述料+諸経費」のみのご負担となります。総合的な学習管理は、英語と同様にYESが責任をもって行います。講師の人柄、見識はYESが保証いたします。ご安心ください。


○受講費[すべて個別指導]

英語:6000円/時間が基本となります。

他教科:大手予備校の講師の場合、90分で24,000円からとなります。内訳は上述の通り、「口述費+諸経費」となります。管理費用は不要です。


○受講費の減免措置

個別指導の宿命で、良い講師で理想のコマ組をすると、費用はどうしても大きくなります。最初にご予算のお見積りをお出しします。ご検討ください。

YESでは、英語でしか学費の減免をすることができません。真面目に来年の合格を目指して頑張るお約束をしてくださるなら、事情を考慮し、学費の減免措置をすることがあります。遠慮なくご相談ください。


○地方の方へ

YESでは、地方から来られる方に安価で安全な寮・マンション(コーポ・ウイークリーマンションを含む)をご紹介しています。





      ―生徒を大切にし、100%の合格を目指す。「親身の指導」 英語の個別指導YES―



メールでのお問い合わせはこちら